水素水で妊活を始める

水素水には様々な種類が

水素水の種類の選び方

私は朝に水素水を飲むことで妊活に水素水を取り入れました。水素水の濃度は6.0ppm、1日に500mlを目安にしています。しかし私は水素水を飲み始めるにあたって色々な水素水を飲み比べてから1つに決めました。というのも、実は水素水には色々な種類があって、濃度も1つではないからです。

ちなみに私が飲んでいる水素水は耐圧式の容器の中で作る水素水で、通常の倍以上の水素を水に含ませることが可能です。ただ自分で作る分少し手間がかかってしまいますが、これは仕方ありません。

家庭へのウォーターサーバーが普及したこともあって、水素水サーバーで水素水を生活に取り入れている人もいます。他にはドラッグストアやスーパーでも取り扱いのあるアルミパウチ型の水素水もあります。濃度にしても、私が飲んでいるような高濃度の水素水もあれば、水をたくさん飲むからということで、薄い濃度でたくさんの水素水を求める人もいるのです。

こうした形状や濃度などの種類にはそれぞれメリット・デメリットがあって、選び方は人それぞれです。先ほど挙げた種類で考えると、高圧式の容器で作る水素水は、高濃度の水素水が作れるメリットがある一方で、自分で作ることに面倒さがあるというデメリットがあります。ウォーターサーバーで作る水素水は便利ですが個人で利用するにはややコストが高めです。アルミパウチの水素水は携帯に便利で2.5~3.0ppmという濃度の水素水が飲めるメリットがある一方で、一旦開けてしまうとどんどん水素が逃げてしまうデメリットがあります。

水素水生成のタイプで特徴的なスティックタイプの水素水は、自分で作る手間がかかることがデメリットになりがちですが、新鮮な水素水がいつでも飲めることは大きなメリットです。

Copyright © 水素水で妊活力を高める All rights reserved